今日から3月です。気温の上下がものすごく激しかった2月が終わり、まだしばらくは寒い日もあるでしょうけれど、春に向かっていく日々、日も長くなって来て、ちょっとホッとします。

  先月半ば、コヅ友さんからいただいたバラとラナンキュラスの苗、移植した後も庭を通るたびにチェックしています。

 一時底冷えしたので心配しましたが、嬉しいことにラナンキュラスのつぼみが順調に育っております。

IMG_5807


  
  黄色い花が咲く種類だそうです(鉢に丁寧に品種を書いてくださっていますが、見た瞬間忘れます。今は夜更けなので、外に置いてあるのを確認する元気がありません)。

  桃や桜といったピンク色の花は春の訪れを美しく彩ってくれますが、菜の花の黄色も春告げ色だと思いますので、黄色いラナンキュラスが花開くのが楽しみです。

  友人からいただいたバラはまだまだおちびさんですが、前の住まいでは鉢植えにしていたので小さかったモッコウバラは地植えにしたらずいぶんと伸びました。これも黄色い花が咲くはず。

  残念ながら、今のところ移植した御殿場桜が息を吹き返している気配はありません。盆栽の生命力は普通に栽培されたものと比べ、強いのか弱いのかも存じませんがまだあきらめてはおりません。

  移植した花苗が元気に育つという事は雑草も元気に育つという事でして、あちこちから芽が顔を出し始めました。

  ポストを覗きに行ったり、日中用事から戻って来たら、都度、ちびちびと抜いております。

  シダ、ゼニゴケ、チドメグサ、笹も自生しているのですが、こちらは抜けなかったり、菌で増えるのでちびちび抜く作戦が通じません。 気が付いたら、どんどんサイズアップしている。💦

  特にゼニゴケは出来たら生えて欲しくない存在ですが、そういうの程強靭です。植物の世界でも憎まれっ子世にはばかる。でも、ゼニゴケは憎まれたくてああいう姿をしている訳じゃないのに、気の毒と言えば気の毒ですが、ゼニゴケが好きな人はあまりいないようです。

  スミレもわずかながら自生していますが、こちらが増えてくれたらいいのになぁと思います。

IMG_5808

  気分が春なので、黄色っぽい朝ごはんにしてみました。(^_^)

人気blogランキングへ