2月に川崎の温泉施設に行った友人は温泉好き。

  転居以前は誘い合わせて一緒に車や電車で目的地に行きましたが、今は一緒に行けないので現地集合。
  
  今日行った施設は彼女が見つけたところ。もう一人、都合がつく友人も加わり、三羽烏ならぬ三婆カラスであります。

  横浜市でも前の住まいの地域とは違うエリアですが、やはり鄙な地域で、東急こどもの国線に乗って、終点から徒歩7分らしいです。

  らしいですと言うのは私は小田急線の鶴川駅に出て施設の送迎バスを利用したからです。

  送迎バスに乗りそびれては大変!とずいぶん早めに鶴川駅に到着。どうやら平日は10分前に乗り場にいれば十分みたいです。

  鶴川は神奈川県だよね〜と思っていたら、パトロールしている警察車両には警視庁の文字、救急車には東京都消防局の文字。

  あーら、失礼しましたの『町田市は神奈川県である』をやっちゃいました。

  が、本当に雰囲気が神奈川県っぽいです(何がと問われると困るけど、神奈川中央交通のバスも走り、相鉄ローゼンがあったりします。もちろん横浜銀行も)。

  送迎バスはまるで三浦半島のような農地と緑濃い地域を走り、TBSの緑山スタジオの横を走り、広大な駐車場を擁するこの施設に到着!

A19FEB1A-D9E7-4E0D-94ED-C8C17970468A
 3月にリニューアルオープンしたようで、まだ新しくてどこもかしこもきれいです。


   この施設、小学生未満はお断りと言うことで、非常識な親が連れて来たお行儀の悪い子どもが騒いだり走ったりしてくつろげないと言うリスクが低いのがウリ。

  子育て世代には優しくない施設と言えますが、静かで良いのも事実ではあります。

  朝方は雨でしたが、日中は雨も上がり暑くも寒くもなく、内風呂と露天風呂を仕切る窓ガラスが全開で、心地よい風が入り、青空も見えてとても爽やかでした。

  温泉をひと通り楽しんで併設のレストランで昼ごはんは、友人二人がなかなかいける口なので、昼から宴会状態に……

     とはいえ飲み過ぎて温泉はハイリスクなので彼女たち水準では少しだけ。

  キャンペーン期間と言うことで岩盤浴コーナーが300円で利用出来ると勧められて試してみました。

  通常の岩盤浴以外にミストがモワモワするショー的な岩盤浴もありました。霧の熱帯雨林で迷ってるみたいなすごい湿気に滝汗が絞り出されてる感じでした。

  もっとゆっくりしたい気持ちもありましたが、送迎バスの本数が限られているので四時前には解散となりました。

  今日はぐっすり眠れそうです。

人気blogランキングへ