釣りタイトルでごめんなさい。

  別に詐欺に引っかかった訳じゃございません。

  昨日、血液検査の結果を聞きに整形外科に行って処方箋を出してもらったので、薬入手兼図書館の本返却でぷらっぷら歩いていたのでした。

  すると・・・

  UQモバイルで契約しているスマホで通知音が鳴りまして・・・
FullSizeRender

  こんなのが届きました。

  iPhoneのSMSアプリはおりこうさんで、瞬時に迷惑メール処理が出来るような吹き出しが浮かんできたのでパッと押してしまってから、まてよ・・・と思って復元して、画面撮りしたのがこれです。

  電話番号が分かれば誰にでも出せるショートメッセージ利用なので、手あたりしだいなのでしょうね。

  携帯電話があれば出来る簡単な仕事でそれだけ稼げるのは振り込め詐欺等の受け子とか、後ろ暗い犯罪のニオイがします。

  昨今、経済的に厳しい中、手っ取り早く簡単に稼げる!で人生経験が足らない若い子たちがこんなの引っかかって人生に大きなシミをつくってしまうのはやりきれないです。👊

  用事も済んだし、さぁ、帰ろうか・・・と思ったのですが、ハタと思いつきました。💡

  ここまで来る途中に警察署があったよ。浜の真砂レベルでこの手のメッセージが集まっててうんざりかもしれないけれど、LINE誘導してるし、いちおうお知らせしておこっと!
 
  ダメならダメでいいよ、ブログネタになるし・・・くらいの軽いノリで寄ってみました。

  受付の方は「この文面では詐欺と断定はできない」という事で門前払いになるのかなと思いましたが、担当者を呼んでくださいまして、生活安全課の好感度高いチャーミングな警察官お二人でした。

  階上の面談室(鉄格子はなかったよ。あくまでも相談コーナーのようです。家人B、Cの小学校時代PTAのお役で訪問した地元警察署では鉄格子付きのお部屋見せてもらいましたっけ(^^;)でお話をさせていただきまして画面の撮影もされました。

  見るからにオババな私が騙されるのではとご心配くださったようで、いろいろアドバイスをくださいましたが、その中のこれは助かる!というのがこちらの70歳以上のナンバーディスプレイ・ナンバーリクエストサービスの無償提供であります。



  家庭用の電話で世帯主ではなくても固定電話を使う同居人の中に70歳以上の方がいる事が条件になります。

  あとひとつ、NTTと直接契約しているのがポイント! 我が家はまさにそれでした。

  そうそう、電話機がナンバーディスプレイに対応している事も要確認!

  残念ながらNTTと同系列であってもdocomo光など、間に他社が入ってしまう(支払先が他社)の場合は有償だそうです。

  善は急げ!

  警察で教えていただいたこちらの電話番号(広めてくださって結構ですと警察官も、NTT担当者もおっしゃいました)に掛けてみました。

  0120-722-455

  東西NTT共通の詐欺防止のサービスとの事で、西日本の申込番号は
NTT西日本 特殊詐欺対策ダイヤル 0120-931-965。公式サイトの説明ページはこちらです。


  最近にしては珍しく即つながりまして、こちらの電話番号、住所氏名、契約者氏名、住民で70歳以上に該当する人の生年月日などの確認後に「あと2時間くらいで開通すると思います」との事で、書面申し込みもなしでスムーズでした。

  ナンバーリクエストはナンバーディスプレイサービスが開通後に148に電話すると音声メッセージで指示してくれます。

  後日封書で契約者宛てにお知らせが来て、そこには本来のサービス料金が記載されているけれど、下の方を見ると70歳以上の方は無償ですなどと小さな字で書いてありますのでご安心くださいと、うろたえやすい私の心をお見通し!なお言葉もいただきました。

  NTTと直接契約の方で、ナンバーディスプレイ・ナンバーリクエスト未契約の方はおためしされてはいかがでしょうか。

  上記リンクバナーの説明を見ると、今有料で契約している方も条件が合えば無料に切り替えられるみたいです。

  うちは渋ちんなので、そんなに払えない!でもっぱら留守録で撃退してまいりました。(^^ゞ

  昼前に連絡して、14時40分くらいにはナンバーディスプレイ、続いてナンバーリクエストの手続き完了です。ヽ(^o^)丿

  お住まいのエリアによっては、下の日記に書いているような機器の貸し出しもあるかも知れませんね。



  さらにもうひとつ、昨今の詐欺は国際電話を利用することが多いので、国際電話を使えないようにしたらいかがでしょう?とご提案いただきました。

   全然国際的ではない我が家だし、たとえ家人が海外旅行へ行ってもおそらく携帯電話に当てて連絡があるだろうという前提で、その場で申込書を書いて提出しました。控えはとくになくて解約したい時はここに連絡しましょうというA4サイズの紙1枚をいただいて帰ってまいりました。

   この措置、警察の方が個人宅に出向いていちいちお願い出来るような話ではないので渡りに船だったみたいです。

   こちらの方も良かったらお試しください(大阪府警からもリンクされているので偽サイトじゃないと思います・・・って最近はまず疑わなくてはになってしまったわい)。



   警察署に寄ったおかげで、速攻でいろいろ済んじゃいました!(^_^)v

   という次第で詐欺メッセージ報告転じてマル得サービス話となりました。(^^ゞ

人気blogランキングへ