高齢化社会となり、70代で亡くなると、少なくとも前半の場合は、早過ぎでしたね、とお悔やみの言葉にそえられるようになりました。

  私の祖父が70歳ジャストで亡くなった時には、惜しい方でしたとは言われても、誰ひとりとして早過ぎでとは仰らなかったのが1968年頃でしたか。続きを読む